Greasemonkey で 超お手軽に jQuery を使うスニペット [Chrome 対応版]

旧版である、Greasemonkey で 超お手軽に jQuery を使うスニペット は Firefox で使用する分には問題ないのですが、Chrome ではセキュリティ上の都合か、Greasemoneky 上における unsafeWindow が unsafe では無いようで (?) unsafeWindow.jQuery などに Greasemoneky からアクセスすることが出来ません。

そこで、Chrome 対応版のスニペットを用意しました。
ただ、いわば Chrome のセキュリティを回避した書き方になるため、旧版にあった、「該当ページですでに jQuery が読み込まれていればそれを利用」という特徴が失われてしまっています。
逆に言えば、常に自分で指定したバージョンを利用できるので、jQuery の新しい機能を使ったスクリプトを書く場合などは、こちらのほうが優れています。

スクリプト

(function (d, func) {
    var h = d.getElementsByTagName('head')[0];
    var s1 = d.createElement("script");
    s1.setAttribute("src", "http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.6.1/jquery.min.js");
    s1.addEventListener('load', function() {
        var s2 = d.createElement("script");
        s2.textContent = "jQuery.noConflict();(" + func.toString() + ")(jQuery);";
        h.appendChild(s2);
    }, false);
    h.appendChild(s1);
})(document, function($) {
    // ここにメインの処理を書く
    $('#button').click(function(){
        alert('clicked!');
    });
});

3 thoughts on “Greasemonkey で 超お手軽に jQuery を使うスニペット [Chrome 対応版]

  1. こちらのスニペットのおかげでとても簡単にGreasemonkeyスクリプトが書けました。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。