TwitAPI.js Ver.0.2.1 / Splitwit Ver.1.2.1 リリース!

TwitAPI.js をバージョンアップして Ver. 0.2.1 とし、それに伴って TwitAPI.js に依存している Splitwit も Ver. 1.2.1 にバージョンアップしました。

…といっても何のことはない、不具合修正です。

とはいえ、Twitter の投稿などのパラメータに # が含まれるとそれ以降を無視してしまうという案外深刻な不具合で、Twitter においてハッシュタグが使えないっていう何ともまずい不具合でした。
今回、コメントにて詳しい内容を指摘してくれた方がいたので、すんなりと解決できて良かったです。

内容としてもシンプルで、以前は # をエンコードしないで送っていたの (encodeURI) を、# もエンコードするように変更した (encodeURIComponent) だけです。
TwitAPI.js の仕組みとして、Twitter API を POST で使うときも、JS からのクロスドメインを解決するため、プロキシにはいったん GET で渡して JSONP してるので、そのときに # 以降が捨てられているという事のようです。

以前テストをしたときは問題なかったはずなので、GAE/j でパラメータを取得したときの挙動がいつの間にか変わっていたという事でしょうか…。
まあそれが正しいっちゃあ正しい挙動だと思うので特に文句はないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。